【保険の見直し】元ライフコンサルタントが徹底解説!

保険加入の必要性

保険は難しいってお困りの方、多いですよね。それをこの記事で解決できます。

保険は、そんな大きなお金ではなく、月々支払える金額で、本人や遺族をお金の部分で支えることができます。

事故などで突然収入がなくなった、働けなくなった、病気にかかり毎月高額に継続してかかる治療費など、

いつ何が起こるかわかりません。

大切なご家族を守る為に、保険は必要になってくると思います。

保険の種類

保険の種類をご紹介します

  • 終身保険
  • 定期保険
  • 養老保険
  • 就労所得保障保険
  • 医療保険
  • がん保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 傷害保険
  • 介護保険
  • 変額保険

保険の選び方

家庭によって必要な保証は違うので参考程度に私の保険の入り方をお伝えします。

上記の中で私が加入した保険種類は、こちらです。

  • 終身保険
  • 定期保険
  • 就労所得保障保険(収入保障保険)
  • 医療保険
  • がん保険
  • 学資保険
  • 変額保険

理由を解説すると、まず葬式代として、終身保険に加入しました。

事故など万が一の時のための家族への保障として、少し大きな定期保険と収入保証保険をに加入しました。

自分の治療費のために、医療保険とがん保険を自分の体のために加入しました。

今では満期になりましたが、子供が小さい間は貯金代わりに学資保険に加入しました。

あと将来への貯蓄と万が一の保障も兼ねている変額保険にも加入しました。

必要な保険は人それぞれ違うので、どういった保障がどれくらい必要なのか、是非考えてみてください。

保険期間について

保険期間は保険により、色々あります。

終身、60歳満了、3年更新などあります。

それぞれの特徴ですが、

終身というのは一生死ぬまでの期間という意味になります。

60歳満了とか90歳満了というのは、その年齢で終了という意味になります。

3年更新など、「更新」というものはその期間で更新していくものになり、

一般的に、その更新時に大体保険料は上がり、年齢に応じて高くなっていくものが一般的です。

払込期間について

保険には、上記の保険期間と別に、払込期間というものがあります。

保険期間は、その保険が有効な期間になります。

払込期間というのはお金を支払っている期間のことです。

例えば、保険期間を終身として、60歳払済という保険があるとしたら、

保険は死ぬまでずっと保障が続き、

支払いは60歳まで支払えば60歳以降は払わなくても良いよ、という保険契約になります。

このように保険期間より払込期間を短くすることを短期払いといいます。

加入する時期について

保険はお金を払えば契約できるというものではありません。

一般的に、健康でなくては、加入を断られます。

緩和型などもありますが、保険料が高くなったり、部位不担保といってその病気では保険は出しませんと条件をつけられる場合もあります。

なので、今はいいかと先延ばしにして、病気になってから保険に加入したいと思っても手遅れになることがあります。

あと、年齢に応じて保険料が決まるため、加入するのが遅くなればなるほど、保険料は上がることになります。

年齢と保険料、あと健康である内にという理由から、保険は早めに契約するのがベターです。

保険相談について

保険は種類も多く、保険会社によって支払い事由や保障範囲なども違うため、保険のプロの相談するのが必要となります。

無料で相談でき、契約するかしないかは自由に決められます。

何の保障が必要で、備えておくべきなのかを一度プロに相談してみることをおすすめします。

すでに保険に加入されている方も、保険は定期的に改定され、保障内容は充実したりするので、

一定期間見直しをされていない方は、保険の見直し相談をされることをおすすめいたします。

折角ご相談される場合、プレゼントがあった方が良いと思いますので、

保険の無料相談サイト「ガーデン」なら、

厳選したプランナーをご紹介頂けて、選べるプレゼントを受け取れます。



シェアする